ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【1】2代目編集長マユ、懐かしの夜間飛行へタイムスリップ?



 

長年暮らした大阪を離れ、シンガポールへとやってきた2代目編集長マユ。

編集長としての業務の傍ら、ナイトライフシンガポール編集部の店「喫茶&スナック 夜間飛行」でも日々お客様を笑顔でお出迎えしている。

オーチャードロードの片隅にあるこの小さな店は、ドラマでいっぱいの玉手箱。

笑いあり涙ありの賑やかな日々を、2代目編集長マユの視点からお届けする。

 

 

 

 

10月○日 水曜日 快晴

今宵の夜間飛行は視界良好も時折強風あり、乗客・乗員は揺れに注意。

 

 

スタッフあゆみちゃんの休暇により、シフトに変更の出た10月半ば。

友人との食事を終えた私は帰りに夜間飛行へ立ち寄った。

なぜならこの日は、敦子ママと大ママが久しぶりに2人だけで店に入る日だったから。

 

7月に私とあゆみちゃんが入って以来、敦子ママと大ママが揃う日は週に1~2回しかなく。

それまでの夜間飛行とは雰囲気が変わり、旧来のお客様の中には”自分の知ってる夜間飛行とはちょっと変わっちゃったな……”と感じている方もいらっしゃるのでは、と気になっていた私。

 

10月末の敦子ママ卒業を目前に、奇しくもオリジナルメンバー2人でのシフトが発生し、この日を楽しみに来られる方も結構いらっしゃるのでは? 

そして、オリジナルの夜間飛行を私も見てみたい……そんな思いで、こっそりと店に立ち寄ったのだった。

 

 

カランカランカラーン……

 

 

「お帰りなさ~い、あ! マユちゃん! 今日休みじゃなかったの?!」

 

カウンターにいたマスターが目を丸くする。

 

「うん、ちょっと帰りに寄ってみた~」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です