ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【最終回】お悩み: 偉そうなモラハラ駐在員夫を、捨ててもいいですか?

※この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切の関係がありません。

 

 

悩めるシンガポール在住者の前に、忽然と姿を表す場末のスナック、それが「夜間飛行」。

赤い布張りのソファに、古ぼけたミラーボール、そしてそれらを包み込む、懐かしい昭和の歌謡曲。

これは異世界? それとも幻?

時代に取り残されたようなその空間は今夜も、疲れた人々の心にそっと寄り添う……。

 

 

このシリーズの過去記事↓

 

 

 

「……ったく。誰のお陰で優雅にシンガポール生活ができてると思ってるんだ」

 

 

シンガポールで過ごしてきた4年間、夫はいつもそう言って私を黙らせてきた。

結婚して、6年。もともと海外には興味があったから、シンガポール駐在に帯同することが決まった時、確かに嬉しくてたまらなかった。

でも……

 

 

海外生活のストレスが、夫を少しずつ変えていった。

「付き合い」と称して毎晩飲み歩くようになり、手当がついていても全く貯金ができない。酔って帰ってきては、

 

 

 

「お前はいいよな、気楽な駐妻生活で」

 

 

「駐在員ってのはなぁ、なんでも自分で問題を解決していける奴にしか務まらないんだ。その苦労がお前にわかるか」

 

 

と絡まれた。せめて家計を助けるため、そして夫に「お気楽な立場」と呼ばれないために働きに出たものの、それに対しても

 

 

「俺のお蔭でDPが出てること、忘れるなよ」

 

 

「お前の仕事は気楽でいいよなぁ。DPさえ持ってれば、どんなに出来なくたって雇ってくれるもんなぁ」

 

 

と、容赦無く見下されてきた。言い返せなかったのは、自分に自信がなかったからだ。

だって私は、夫のシンガポール駐在について来たからこそ、海外に暮らしたり働けたりしている。

夫も多大なストレスを抱えながら頑張ってくれているのだから、多少嫌なことを言われても、耐えなくては……

 

 

そう、思って、来たのだけれど。

 

 

気まぐれに登録した転職エージェントからの電話が、私の心に大きな波紋を巻き起こすこととなった。

 

 

「田村さん、先日は面接お疲れ様でした」

 

 

「ありがとうございます、やはりダメでしたか?」

 

 

「いえいえ、とんでもないです。先方はぜひ田村さんに働いていただきたいと言っていまして……

ただ、ひとつお伺いしたいことがありましてですね」

 

 

「はい、なんでしょう?」

 

 

「田村さんはとてもご優秀な方なので、そのう……面接を受けていただいたポジションではなく、他のポジションで採用したいとのことなんですよ」

 

 

「えっ、どんなポジションですか?」

 

 

「田村さんの総合的なスキルを活かして、ドバイ出張所を切り盛りしていただきたいと。

もちろん、駐在員待遇ですので、不自由は全く無いかと思います」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です