ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep. 18】お悩み:今の夫と前の夫を、ベッドの中で比べてしまいます

※この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切の関係がありません。

 

 

悩めるシンガポール在住者の前に、忽然と姿を表す場末のスナック、それが「夜間飛行」。

赤い布張りのソファに、古ぼけたミラーボール、そしてそれらを包み込む、懐かしい昭和の歌謡曲。

これは異世界? それとも幻?

時代に取り残されたようなその空間は今夜も、疲れた人々の心にそっと寄り添う……。

 

このシリーズの過去記事↓

 

 

 

 

不完全燃焼、ってやつ……なのかな。

 

 

閉じた瞼に降り注ぐ、シャワーの雫。

私は、ようやく伸びてきた長い髪を洗いながら、そんなことを考えていた。

 

 

去年、私の再婚が決まった時、昔からの女友達は皆、涙を流して喜んでくれた。

私が前夫にいかに酷い仕打ちをされたのか、そして娘を連れてどんな思いで逃げ出したのか、その経緯を知っているからだ。

 

 

前夫は、誰がどう見たって酷い人間だ。

結婚当初からモラル・ハラスメントが始まり、娘が生まれてからは身体的な暴力へと変わった。

生まれたばかりの娘に危害が加わらないよう、覆い被さるようにしてかばう私の、背中を蹴り上げ後頭部を殴り続けた。

 

 

「ガキがうるせぇんだよ! テメェ黙らせろよこの役立たず!!」

 

 

やがて髪が引っ張られる感覚と共に、鈍いハサミの音が響いた。

じょきっ、じょきっというおぞましい音をたてて、ずっとロングだった私の髪は、無残な黒い塊となって床に落ちた。

 

 

今の夫は、優しい。

5 歳の私の娘を、我が子同然かそれ以上に可愛がってくれる。

私のようなバツイチの子持ちが、7つも若い会社の上司に見初められただなんて、奇跡も良いところだろう。

シンガポール赴任にまで帯同させてもらい、何不自由ない暮らしをさせてもらっている。

でも……穏やかな暮らしを手に入れた、今。娘を送り出して夫に抱かれる時、いつも思うのだ。

 

 

足りない。

 

 

抱かれても抱かれても、満たされるということがない。

脳がショートするような、生も死もないような、圧倒的な快楽が欲しい。

窒息したい、絶望したい、ばらばらの肉片になってしまいたい。

 

 

おそらく私の体は、前夫の暴力と、その後すぐにやって来る猟奇的な交わりによって、マゾヒスティックに作り変えられてしまったのだと思う。

優しく、宝物のように触れてくる今の夫には、望むべくもない背徳。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です