ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【6】シティのルーフトップでまさかの?! 夜釣りを子連れで楽しめちゃうって本当ですか?



 

「“ナイトライフ”シンガポールって言ったって……子どもがいたんじゃ、ねえ?」

コスモポリタンシティ・シンガポールの片隅で、そうため息をつく紳士淑女の数や知れず。

そんな中、ナイトライフシンガポール編集部は

 

【子どもと一緒だからこそ、より輝く夜もある】

 

との信念のもと、人気ライター駐妻ふみえに「子連れ夜遊び」という新たなテーマを授けることにした。

赤道直下のこの国に、夜の帳が降りる頃。

駐妻ふみえと愉快な家族の、豊かな冒険が始まる……! 

 

 

このシリーズの過去記事↓

 

 

 

 

 

今回の子連れ夜遊びスポット:エビ釣り フィッシュアットブギスプラス(Fish@Bugis +)

 

MRT Bugis駅から屋内の連絡通路を通り、ショッピングセンターBugis+の屋上へ、外に出ることなくエビ釣りを楽しめる街中の釣りスポット。

釣れたエビはその場で調理していただくこともできる。(持ち帰り可)

釣りが難しいお子さまには、網を使った魚取りもおすすめ。

朝は10時から翌朝6時までほぼ一日中営業、年中無休なので、思い立ったが手ぶらでエビ釣り日和を楽しもう。

 

 

 

 

こんにちは。

先日、2色丼を作ろうとして、誤って卵のほうに黒糖を投入、結果見事に1色2味丼が完成。

その見た目のインパクトに大笑いした駐妻ふみえです。

 

 

 

さて、今回の「子連れ夜遊び」ですが、今まで訪れた場所は散策や鑑賞系だったので、趣向を変えて、アクティビティ系に挑みたいと思います!

 

 

 

訪れたのは、ショッピングセンターBugis+の屋上にあるエビ釣り場です。

シンガポールにはエビ釣り場が多くございますが、今回は気軽に夜遊びを楽しめそうな、シティエリアを選びました。

 

 

 

 

屋上7階までエレベーターで上がりましょう。

 

 

 

 

屋上は意外とフリースペースが多く、青春ど真ん中と思わしき若者たちが話し込んでいます。

なんでもない空間で、当時はよく話し込んだものですよね……甘酸っぱい気持ちにさせてくれてありがとう若者……!!

 

 

 

 

突き当りにあるエビ釣り場に到着、早速中へ入り、エビ&ロブスター釣り1時間$18也を支払います。(平日は$10)

一回$15の取材予算を超えましたが、ふみえ、エビを、どうしても、釣り上げとうございます!!

過去5回分の貯金分を……いざ!切り崩します!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です