ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【最終回】好きだから我慢できない!未知への冒険を子連れで楽しめちゃうって本当ですか?



 

「“ナイトライフ”シンガポールって言ったって……子どもがいたんじゃ、ねえ?」

コスモポリタンシティ・シンガポールの片隅で、そうため息をつく紳士淑女の数や知れず。

そんな中、ナイトライフシンガポール編集部は

 

【子どもと一緒だからこそ、より輝く夜もある】

 

との信念のもと、人気ライター駐妻ふみえに「子連れ夜遊び」という新たなテーマを授けることにした。

赤道直下のこの国に、夜の帳が降りる頃。

駐妻ふみえと愉快な家族の、豊かな冒険が始まる……! 

 

 

このシリーズの前回記事↓

 

 

 

 

今回の子連れ夜遊びスポット:エスプラネード-シアターズ・オン・ザ・ベイ(Esplanade-Theatres on the Bay)

 

 

コンサートホールやシアター、スタジオなどが併設された、文化複合施設。

外観から、「ドリアン」の名で親しまれる。

有料プログラムの豊富さだけでなく、無料のプログラムも多く行われており、子連れでも気兼ねなく訪れることのできる、一般に開かれた施設。

親子でプログラム選びからわくわく、文化的な楽しみを味わってみては?

 

 

 

 

こんにちは。

今回をもちまして、最終回の「子連れ夜遊び~駐妻ふみえと愉快な家族~」ですが、息子・こけし(仮名)のお気に入りは、エビ釣りとボルダリングという参加型、娘・こけし(仮名)は今回、と双方の好みの違いがおもしろい、駐妻ふみえです。

 

 

 

さて、最終回は、ドリアン型のエスプラネード-シアターズ・オン・ザ・ベイで、観劇をしに参ります!

小学生と幼稚園児のいる我が家、それぞれが賑やかなので、どうにも不安ではございますが……何とかなりますように!

 

 

取材時はクリスマスシーズン及び冬休み期間ということもあってか、有料、無料問わず、子供向けプログラムが特に充実しておりました。

対象年齢を参考にしまして、我が家のチョイスは、「The Snowman」。

 

 

 

プログラム選びから親子で行うと、より当日まで待ち遠しく楽しめるのですが、例のごとく毎度駆け込み系駐妻のふみえは、当日4時間前予約……間に合って、よかった!

 

 

 

各公演により料金体系は異なりますが、できればPCや大きいタブレットを使用した予約をお勧め致します。

我が家はBuy 4 for 3の最安チケット予約を試みましたが、スマートフォンだと困難で、早々にPC予約へと切り替えました。

 

 

 

予約が済んだら、早速参りましょう!

公演前の腹ごしらえは、シアターに併設されているショッピング・モールのエスプラネード・アネックス、または隣接しているホーカーのマカンストラ・グラットンズ・ベイなど、数ある中から選ぶことができます。

 

 

 

 

我が家は地元グルメ本「マカンストラ」より選定されたスツールの並ぶホーカー、マカンストラ・グラットンズ・ベイへ参りましたが、雨天によるテント内席の争奪戦に敗れ、室内へ移動。

 

 

 

 

満足したところで、開園まであと5分……! 大変です!! 急ぎましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です