ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【10】そんなところを登るだなんて?!クライミングを子連れで楽しめちゃうって本当ですか?



 

「“ナイトライフ”シンガポールって言ったって……子どもがいたんじゃ、ねえ?」

コスモポリタンシティ・シンガポールの片隅で、そうため息をつく紳士淑女の数や知れず。

そんな中、ナイトライフシンガポール編集部は

 

【子どもと一緒だからこそ、より輝く夜もある】

 

との信念のもと、人気ライター駐妻ふみえに「子連れ夜遊び」という新たなテーマを授けることにした。

赤道直下のこの国に、夜の帳が降りる頃。

駐妻ふみえと愉快な家族の、豊かな冒険が始まる……! 

 

 

このシリーズの前回記事↓

 

 

 

 

今回の子連れ夜遊びスポット:フナン モール(Funan Mall)

 

 

電化製品専用モールから一転、2019年6月にリニューアルオープンしたフナンモール。

新しいクリエイターの発掘やサポートを信念として掲げ、モール内の至る所で、新鮮な試みに出会える。

これまでにない発見にあふれた個性豊かな新しいショッピングモールへ、シンガポールの“今”の感性に、子連れで触れに行こう。

 

 

 

 

こんにちは。

不定期に出没する弊社編集部のお店「夜間飛行」にて、お客様から疑惑の一言。

 

 

お客様「ふみえさん、本当は、駐妻じゃないでしょう……!」

 

 

そ、そんなことはありません、なぜか動揺しましたが、一応駐妻なはずの……ふみえです。

 

 

 

さて、今回は、リニューアル前からテーマと内容のガラリと変わった、フナンモールへ参りたいと思います!

新しい試みのたくさん詰まったショッピングモールで楽しむ、「子連れ夜遊び」とはいかに……?

 

 

 

 

最高裁判所からノース・ブリッジ・ロードを隔てて向かいに位置するフナンモール。

モール内にサイクリングロードが設けてあったり、自転車置き場だけでなく、シャワーまで完備されていたり、噂通りの新感覚です!

 

 

 

 

目指すのは、モールの中央の吹き抜けを自力で登る体験ができる、クライム・セントラルという(Climb Central)ボルダリング場なのですが……。

 

 

 

 

探すまでもなく、ありました!

なんて、ど迫力!!

 

 

 

早速受付を済ませ、足のサイズに合ったボルダリングシューズと安全ベルトをお借りし、スタッフの方から説明を受けます。

5歳から12歳のお子さんは大人の同行が必要で、我が家は1Adult-Child Entry Set、$38のコースにしました。(利用可能なのは、110㎝以上、20㎏以上の5歳のお子様から)

 

 

 

両足にベルトを装着するので、動きやすく、足の開きやすい恰好、靴下も準備して行きましょう。

 

 

 

 

初めてご利用の際は、スタッフの方から丁寧に説明があるので、安心です。

コースには全て難易度の記載があり、お子様がボルダリングに参加される場合は、一番易しいコースがお勧めとのこと。

スタッフの方から指導を受けながら、さぁ、テストクライミングです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です