ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【1】ピクニックと本格オーケストラを子連れで楽しめちゃうって本当ですか?

 

 

さて、早速初回に訪れましたのは、ボタニック・ガーデン。

入場料は無料です!

無料の遊び場として人気のJacob Ballas Children’s Gardenもありますが、今回目指すのはSymphony Lakeという野外コンサート場で行われるコンサートです。

 

 

 

 

ボタニック・ガーデンは何か所か入口があり、こちらの最寄はNassim Entrance、無料遊び場Jacob Ballas Children’s Gardenに先に行かれる場合には、Bukit Timah Entranceからの入場がお勧めです。

 

 

 

 

Bukit Timah Entranceの手前には、スーパーマーケットもありましたので、何か必要なものはそちらでの調達も可能です。

植物園内に持ち込む食べ物や飲み物に制限はありません。

 

 

私たちは、MRTボタニック・ガーデン駅直通の、Bukit Timah Entranceからいざ、入場します。

どの入口から入場しても、道の分岐点には案内板があるので、Symphony Lakeを目指しましょう。

 

 

 

 

息子・こけし「この花、触ってみたら、手が……くさっ(大笑い)」

 

 

 

 

娘・大福「にわとりだ―――!!」

 

 

普段なかなかチャンスのない自然に触れる機会で、道中いろいろな発見のある子どもたち。

訪れたのは夕刻でしたが、陽が傾いて、日中の暑さはだいぶ和らいでいます。

 

 

 

 

いろいろな種類の植物だけでなく、植物に集まる野生の鳥や、池には亀、魚など、普段街中では見かけない動物にも会うことができます。

 

 

芝生のオープンスペースでは、レジャーを楽しむ大勢の人で賑わいます。

お誕生日会か何かのお祝いなのか、ガーデン・パーティーを開いているグループも何組か見かけました。

 

 

夫・ふみお「こけし、大福、なにか音がするよ!」

 

 

 

 

こけし「シュッシュッって音?本当だ!なんだろう?」

 

ふみお「しっ。逃げちゃうかもしれないから、静かに見に行こう(小声)」

 

大福「しーっ、ね」

 

 

 

 

 

そろりそろりと抜き足差し足で音の正体を確かめに行く3人。

 

 

こけし「って、ただの水道(スプリンクラー)じゃん!!」

 

 

 

 

 

子どもたちにイタズラを仕掛けたアラフォーふみお、まんまと騙された子どもたちでした。

そんな寸劇で遊びつつ、前方に見えてきたのはSymphony Lakeです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です