ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【3】旦那と子どもを置いて夜遊びする私は駐妻失格ですか?

 

 

ふみえ、普段の英会話は、キャッチボール3往復目あたりから逃げ腰になりますので、序盤から精いっぱいです。

どうやら3名はご友人同士で、豪トーマス氏は銀行勤務、米ジョージ氏はジム経営者、仏ポール氏は自営業とのこと。

見た感じでは、私たちとそう変わらない同年代です。

 

 

最初こそ5名で仲良く会話していたのですが、店内はアップテンポのBGM、あちらこちらで弾む会話。

そう。大人数での会話は、聞き取りが大変困難になってまいります。

 

そして危惧していた通り、3名(豪トーマス氏、米ジョージ氏、編集長A子さん)と2名(仏ポール氏、ふみえ)の二手に分かれてしまいました。

編集長A子さんにメンズ2名のお相手をお願いできてほっとしたのですが、私は私でマンツーマン……悲しくないのに、泣きたい……!

 

以下、英語能力うっすらのふみえ聞き取りによるレポートなので、ご容赦下さいませ。

 

 

どうやら仏ポール氏は日本通。

ラルクアンシエルとモー娘。と宇多田ヒカルが好き。日本食が好き。

今日の昼食は鮨だった。日本のアニメ大好き。鋼の錬金術師は秀逸だ。

日本各地へ旅行へ行っていて、次回は南の島々でアイランド・ホッピングをしたいと思っている。

日本人の誠実さ、親切さ、日本各地の特色が際立っているところ、経験できることの幅広さ、奥深さ……などなどに毎回感動する。

と、とにかく日本をべた褒め!

 

そ、そんなに褒められちゃあ、こちらも苦手を押して、会話しないわけにまいりません。

声をかけてきてくださったのは、セクシー姿というより、日本の国力のお陰だったのね。ビバ・日本!

 

会話の合間、合間でも、アムールの国出身の仏ポール氏は手を抜きません。

もちろん、最初に既婚・子持ちであることは(編集長A子さんから)お伝え済みです。

 

 

ですが、まずアイコンタクト、熱い……!

パーソナルスペースが、狭いどころか、ない……!

ボディタッチ、ナチュラルに多い……!

そして、大量の誉め言葉に、耐えるのが、辛い……!

 

 

ふみえ、「秘すれば花」の大和の国出身ですので、嬉しいはずの誉め言葉も、例えるならば、腹十二分目まんぷくご馳走様状態? 砂糖責め地獄? 

なんて返せばいいのか、皆目見当がつかず、心の中で息も絶え絶えでした。

 

英語の相槌のレパートリーを脳内模索しつつ大奮闘した40分後には、「ダンスしようよ!」のお誘いが。

ひええぇぇ。唯一踊れるマイムマイム、満を持してお披露目の時……?

お代官様、それだけは、どうかご勘弁を~!

ということで、多分次回にね♪とお茶を濁して、取材は終了となりました。

 

 

 

 

誰もが意外だったであろうこの結果……セクシー服の検証実験、大成功だったのではないでしょうか! 

(日本の国力のお陰もあるけれど!)

 

ふと周りを見渡すと、年代問わず、夜と出会いを楽しんでいらっしゃる様子。

正直、お声がけいただけなかったとしても、久々の異性を意識した緊張感や、出会いの予感だけで、十分に楽しめました♪

 

なにより、女同士で勝負服を探しに行く時から、あれこれ悩んだり、お互いに提案し合ったり……。

準備時間がこれまたなんとも女性らしく、心嬉しい時間でしたよ!

 

 

さて、こんなにも生気を使い果たした取材のお次はどこへ……?

 

 

次回、水曜日にまたお会いしましょう。

 

 

次の記事はこちら⇩

 

 

 

女性のみなさまも大歓迎! 遊びにきてね!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です