ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【3】旦那と子どもを置いて夜遊びする私は駐妻失格ですか?

 

ナンパは、お相手の殿方の選定を待つ他に選択肢がございませんので、しばし、待機。

ここでふみえ、重要な告白を、皆さんにせねばなりません。

それは…!

 

 

ふみえは、英語が、超、苦手。

 

 

えっ? ナンパ待ちしてるっていうのに?

万が一、声をかけてくださる気まぐれな殿方がいらしたとして、その後どうする気?

グローバルな大海に放り込まれた稚魚ふみえ、果たして生き残れるのでしょうか……?

 

無茶にもほどがあるー!

 

 

いえ、でも、人類みな兄弟なわけですから。強い心で! 臨むしかない!

編集長A子さんも同行してますし、学生時代から愛用の電子手帳もスタンバイ済みです。

 

 

実はこの時ふみえの脳内では、きっと今回は、こぉんな感じのオチでこの記事を締めくくるんだろうなというシミュレーションが流れておりました。

 

“待つこと1時間…。

誰も……話しかけて……こない……撃沈!“

 

 

そう、撃沈する準備はできていたのです。

それなのに! ビギナーズラックとはこのこと!

着席してわずか5分のタイミングで、神様のイタズラが始まりました!!

 

 

「ハーイ! ハロー!」

 

 

ままま、まずい! メンズ3人連れが来てしまった! しかも、タイミング、早っ!

私たちもまだ席を見つけて座ったばかりで、心の準備は全くできておりません!

 

 

写真左上から時計周りに、仮名トーマス氏(豪)、ジョージ氏(米)、ふみえ(日)、ポール氏(仏)、編集長A子さん(日)。

出会いを祝して、「KANPA~I!!」。

って、ついノリで乾杯しちゃったけど! これからどうなっちゃうの?!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です