ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【最終回】夫にわがままを言いまくった私は駐妻失格ですか?



 

ある日ナイトライフシンガポール編集部がスーパー明治屋の辺りで発掘した主婦ライター、【駐妻ふみえ】。

彗星の如く突如現れた彼女は、禁断の思いを静かに語り始めた……。

「私、駐妻ですけど、恋がしたいんです」

輝くあの頃を取り戻したい、全てのシンガポール在住者に贈る新シリーズ。

2児の母、そして商社マンの妻でもある駐妻ふみえが、いつもの生活の枠を飛び出し、体当たりで恋心を取り戻していく実録ドキュメント!

駐妻ふみえと一緒にあなたも、この国でときめいてみませんか?

 

 

このシリーズの過去記事↓

 

 

 

 

 

こんにちは。

先日、目の前から来た素敵な雰囲気の男性から、弾けるような笑顔と同時に手を振っていただきました。

 

「駐妻だって恋したい」最終回にふさわしい展開!! と、期待ではちきれそうになりつつ、「Hello!」と手を振り返したら、背後にいらしたのは、彼の娘さんと思わしき可愛らしい少女。

 

「てへっ」で済ませることができたのは、数々の体当たり取材で鍛えたハートの賜物でしょうか。

 

駐妻ふみえです。

 

 

 

 

本シリーズ中は毎週のように、刺激的なタイトルの企画に挑戦致しました。

 

読者の皆様に、開口一番、聞かれる事といいましたら、それは……!

 

 

 

「ふみえさんの旦那さん、『駐妻だって恋したい』のこと、どう思ってるの!?大丈夫なの!?」

 

 

 

疑問に思われるのは、ごもっともです……!

 

 

 

ということで、今回は駐妻ふみえの夫、駐在員仮名ふみおにインタビューを試みました。

 

妻が「駐妻だって恋したい」と言い出したその時……、夫は何を思ったのでしょうか?

 

 

 

Q:妻ふみえが、「駐妻だって恋したい」の連載を始めると聞いた時は、どう思いましたか。

 

駐在員ふみお:そりゃ、当然びっくりしましたよ!

 

 

 

 

っていうか……、タイトルがタイトルなんで、僕は夫として、妻をときめかせることができてないのかな、なんて心配にもなりましたね。

 

でも、連載が進むにつれて、新しいことに毎回挑戦して楽しそうにしている妻を見て、僕もとてもいい刺激を受けたので、心配は取り越し苦労だったってすぐにわかりましたけどね。

 

 

[ふみえコメント]

たしかに、パートナーに恋したいなんて言われたら、平常心ではいられないですよね!

 

仰天しつつも、成り行きを見守ってくれた夫でした。

 

 

Q:連載を通して、夫としての苦労はありましたか。

 

ふみお:特にはなかったと思います。

我が家は子どもが2人いますが、お手伝いさんはいないので、妻が夜の取材に出る時は仕事を切り上げて早めに帰宅するとか、それくらいかな。

 

とは言っても、そういう機会でもないと、平日の夜に子どもの顔を見るなんてできないので、言い訳があると僕も仕事を一区切りつけやすかったです。

 

それよりもですよ!

 

知らないうちに、妻がどんどん露出していったり……!

 

全然知らない男性に、ナンパされるのを待ったり……!!

 

挙句の果てには、自分からナンパしに行くなんて言い出したので……!!!

 

悪い虫がつかないかと、ひやひやし通しでしたよ!!!!

 

 

 

[ふみえコメント]

悪い虫……!!笑

 

取材に行きがけ、「髪の毛一本でも、触れないように気を付けて」と毎回何度も念押しする夫でした。

 

終始仕事に協力的で、露出や、ナンパ待ちや、ナンパしに行く妻を受け入れるという大試練を、乗り越えてくれた夫に感謝です!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です