ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep. 1】37歳公認会計士は女性より○○が好きな件

※この物語はフィクションです

 

大都市シンガポールでは、生き馬の目を抜く熾烈な恋愛合戦が繰り広げられている。

スポーツのような国際デーティングゲームの最前線で闘うアラサー女子、それが百合子だ。

彼女は日系金融機関のシンガポール支店で働く現採女子であると同時に、

日本代表としてこの厳しいグローバル恋愛リーグで闘う現役選手でもあるのだ。

最近の主戦場は、今最も効率良く高スペックの男性に出会えると言われる、出会い系アプリの数々。

「あきらめません、籍を入れるまでは!」をスローガンに、「Tinder」をはじめとする様々なアプリでデート相手を見つけている。

さぁ、仕事はそこそこで切り上げて、今夜もいざ……キックオフ!

 

 

 

本日の舞台はシェントンウェイ…… シンガポールにおける夜景の代名詞であるこの舞台。

キラキラと輝く高層ビル群の明かりの裏で、一体どれだけの人生ドラマが繰り広げられているのでしょうか?

本日も百合子31歳の真剣勝負を、しかと見守ることにいたしましょう!!

 

百合子は今宵、その夜景の一部になっております。

ま、シェントンウェイにある、オフィスビルの最上階「Me@OUE」で、今夜も男性と待ち合わせているというだけの話なんですが……

ここは 和食、中華、フレンチ – 3つの異なる料理が楽しめる広い店内から、マリーナベイ一帯のパノラマビューが楽しめるまさに最高のデートスポット。

 

 

「まるで……宝石箱をひっくり返したみたい……」

 

 

浸っている。百合子が存分に浸っている!

物憂げに ワイングラスに口をつけながら、映画のヒロインを気取っております。

陳腐なセリフを吐かせる、100万ドルの夜景。実に罪深い!

 

 

「お待たせ!百合子ちゃん……だよね?」

 

 

おっと! 頭上からの声にハッとして、百合子が顔を上げました。

長身の男性が百合子を見つめております!

身長は180cmを優に超えていると思われるこの男性。

隙なく着こなされたスーツに、程よくこんがりと焼けた肌がとても映えている!

はいそうです! つまり、イケメンです! イケメンが登場! 百合子、大至急臨戦態勢に入ります。

この辺りの反応は百戦錬磨のアラサー、流石に素早い。微妙に座り直すその一瞬で呼吸を整えました!

 

 

「はじめまして。百合子です。」

 

 

おお、ここは猫なで声でスタートしました。意外な滑り出し。

素敵な異性を目の前にすると、思わずしおらしい声が出てしまうのは女の性でしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です