ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep. 6】ドビーゴートでコワモテ集団に絡まれる?!

※この物語はフィクションです

シンガポールのコールセンターで働くリョータは、29歳。

30歳を目前にして、彼は焦っていた。

「彼女いない歴=年齢」も、20代ならまだ可愛げがある。

しかし30代ともなるとさすがに悲壮感が漂う。30歳になるまでに、なんとか彼女を作りたい。

いや出来ることならむしろモテたい。モテてみたい。モテてモテて困ってみたい……!

そんなリョータが手にした一冊の本、それが藤沢数希著「ぼくは愛を証明しようと思う」だった。

この本に衝撃を受けた彼は、モテない人生にレボリューションを起こすべく、「ナンパ師」としてデビューを果たす。

このシリーズの過去記事↓

駐在員が俺の目の前で、華麗にキャビン・アテンダントをお持ち帰りしたあの夜から1週間。

俺は今、夕暮れ時のドビーゴートにいる。

ショッピングモール 「The Cathey」の前と言えば、わかってもらえるだろうか。

あれからというもの、俺はポッキリと折れたメンタルを回復させることに必死だった。

ナンパ師になって初めて、明確な敗北の味を舐めた一件だったからだ。

「ナンパなんてもうやめてしまおうか」という思いさえ去来した。

それも、一度や二度ではない。

しかし気分が底を打ったその夜、不思議な夢を見た。

夢の中にナンパの女神様が出てきて、俺にこう訊くのだ。

「あなたがナンパしたいのは……

アンティーですか?

キャビン・アテンダントですか?

それとも……

もっと若くてピチピチした女の子ですか?」

俺の返事を聞かずに、ナンパの女神は消えてしまった。

そして目覚めた時、俺ははっきりとその夢の意味を悟っていたのだ。

ドビーゴートにはたくさんのアートスクールがある。

オシャレでピチピチした、昨日まで女子高生だったような若い女の子たちがたくさんいる。

俺……俺……キャビン・アテンダントみたいな高嶺の花もいいけど、色んなことをまだよく知らない、若い女の子ともデートしてみたい!

できるなら俺色に染めてみたい……!

というわけですっかりモチベーションを回復した俺は、前回の反省を踏まえて、会話を弾ませるルーティーンをみっちりと練習してきた。

特に力を入れて練習したのが、「ディスる」というやつだ。

ディスるとは、ディスリスペクト、つまり蔑むという意味で、恋愛工学では、ギリギリ笑える範囲で相手を馬鹿にしたり、からかったりすることを指す。

恋愛対象として相手に興味がないことを示すことで、逆に相手の興味を引き出す、非常に強力なテクニックなのだ。

俺は練習として朝晩、枕に向かい、ひたすらディスった。

「君、ちょっとくたびれてるよね?」

「君、枕カバー汚れてない?」

「君、前より弾力落ちてるよね?」など、枕のディスり方に関してはかなり上達したと思う。

そして今夜、満を持して、アートスクールの学生たちがたくさん通り過ぎるこの場所で、ナンパを開始したというわけなのだ。

「ハロー! ユー・アー・プリティ!」

これまた前回の反省を踏まえ、直説法でバシッとダイレクトに話しかける。

なかなかみんな立ち止まってくれないが、相手の親切心に付け入るようなことをして立ち止まらせるより、こちらも気持ちが楽だ。

しかしあまりにもみんなに「プリティ」「プリティ」と言い続けると、信憑性がなくなってしまう。

そこで俺は、1人の女の子に話しかけた後、必ず2分以上あけて他の女の子に話しかけることを徹底した。

効率は落ちるが、その方が良いだろう。

おそらく10人には声をかけただろうか。

休憩を挟んでいると、アートスクール方面から、とびきりオシャレで可愛い女の子が歩いてきた。

緑に染めた髪がカッコイイ。

ちなみに俺の好みは黒髪なのだが、似合っていれば問題ない。

全然問題ない。

すかさず、声をかける。

「ハロー! ユー・アー・プリティ!」

「……テル・ミー・サムシング・アイ・ドン・ノウ! ハハ」

やったー!! 返事をしてくれた! しかも、笑っている!

英語で返されたからよくわからないが、察するに、「私が可愛いって? 知ってるよ、ハハ」といったニュアンスのジョークなのだろう。

いい雰囲気だ。

ものすごくいい雰囲気だ!

ここはひとつ、軽いディスりで、一気に距離感を縮めたいところ!

早くも練習の成果を発揮する時が来た……!

「ユアヘアー! シー・ウィード!! シー・ウィード・カラー!!」

満面の笑みで、「君の髪、海藻っぽい色だね」と言ってみる。

彼女の髪を一目見た時から思っていたのだ。

このダークトーンの緑色、すごく海苔っぽい。

いい意味で海苔っぽい。

しかし……彼女の表情は、みるみるうちに険しくなっていった。

あ、まずい……ちょっとディスりすぎたかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です