ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep. 10】ポトンパシールのコミュニティセンターで、まさかのモテモテ体験!

※この物語はフィクションです

シンガポールのコールセンターで働くリョータは、29歳。

30歳を目前にして、彼は焦っていた。

「彼女いない歴=年齢」も、20代ならまだ可愛げがある。

しかし30代ともなるとさすがに悲壮感が漂う。30歳になるまでに、なんとか彼女を作りたい。

いや出来ることならむしろモテたい。モテてみたい。モテてモテて困ってみたい……!

そんなリョータが手にした一冊の本、それが藤沢数希著「ぼくは愛を証明しようと思う」だった。

この本に衝撃を受けた彼は、モテない人生にレボリューションを起こすべく、「ナンパ師」としてデビューを果たす。

このシリーズの過去記事↓

ポトン・パシール 駅の出口を出てからというもの、俺はまだ女性とひとりもすれ違っていなかった。

やはり、住宅街でナンパは厳しいのか……?

しばらくあてもなく歩いたところで、見覚えのある建物を発見した。

このロゴ。俺が住んでいる場所の近くにも、同じようなロゴをつけた、似た建物がある。

「コミュニティ……センター」

シンガポールに点在するこの“コミュニティセンター”とやらに、恥ずかしながら俺は一度も足を踏み入れたことがなかった。

というか、何をする場所なのか、よくわかっていない。

おそらく公民館のようなものだと思うのだが、外国人である俺が入って良いものなのかどうかさえも知らない。

すると窓のひとつに、中年男性の姿が見えた。タオルで汗を拭きながら、外を眺める。やがて俺の姿を認めると、何か思うところがあったのか、いたずらそうに俺に手招きし始めた。

い……行っても、いいんだろうか。

中の人が呼んでいるのだから、少なくとも怒られたりはしないだろう。

俺は意を決して、コミュニティ・センターの中に足を踏み入れてみることにした。

「よく来たな、青年!」

さっき手招きをしてくれた中年男性は、なんらかのダンスの練習の真っ最中だった。

部屋には軽く、ほかに40名はいそうだ。

熟女が多く、男性はまばらにしかいない。

俺は秘密のコミュニティに招き入れてもらった気分で、ドキドキしていた。

すると中年男性は、自分の被っていたカウボーイハットを俺に被せ、全員に届くよく響く声で、こんなことを言った。

「俺の代わりをこの青年にやってもらいます! そうしたら俺も、全体がよく見える位置でチェックできるから!」

どうやらその中年男性は、ダンスを教える立場の人らしい。

人数が足りないため、自分が中に入って一緒に踊っていたようだが、ちょうど良いところで俺が現れたため、代理をさせようと思いついたようだった。

「あの、すみません、俺、ダンスなんかできないんですけど……」

困惑する俺を見て、中年男性がハハハと高らかに笑う。

「大丈夫だよ。今、西部劇風のラインダンスを練習しててね。

娘たちがカウボーイを誘惑しながら、周りをぐるぐる回るパートなんだ。

カウボーイ役は基本的に、真ん中に突っ立っているだけでいい」

「で、でも、俺外国人で、ここに入っちゃって大丈夫だったんですかね?」

「もちろんOKだよ。コミュニティ・センターはみんなのものだ。外国人だって大歓迎だよ」

「そうなんですか……」

「さぁ、他の男性と同じように、輪の中心に立って。君は、あのグループだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です