ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【1】おじさん、浮気してますか?


※この記事は実際のインタビューを元にしたフィクションです。実在する人物・団体とは一切の関係がありません。

世界のエリートが集まる街、シンガポール。

この街の日本人コミュニティのマジョリティを成すのもまた、エリートビジネスマン(とその家族)

である。

仕事も遊びも一流である彼らは、羨望と嫉妬の眼差しを浴びる言わば「特権階級」。

オシャレで高級な店などとうに行き尽くしている彼らが、なぜか最終的に行き着く場所……

それが、 気取らない店「喫茶&スナック 夜間飛行」のバータイムである。

シャツの第一ボタンを外して寛ぐ「シンガポールおじさん」達に、普段は絶対に語らない本音を、匿名でこっそりと教えていただいた。

【今回のシンガポールおじさん】

職業:アジア統括ディレクター

年齢:50代前半

海外歴:15年(うちシンガポール4年)

家族構成:妻(シンガポールで同居中)

「この店、いいよねぇ。全然気を使われない感じが落ち着くんだよ。

最初は会社のみんなと来てたけど、最近じゃもっぱら、一人で来ちゃってるもんな。 ……え?

今日は匿名でインタビューさせてほしいって?

フェイクも入れるから、まず知人にはバレないって?

いやぁ、本当キミたち、面白いこと考えるねぇ。いいよ。でも俺の話なんか、いい記事になるかなぁ?

浮気? してないよ。……シンガポールに来てからは、ね。

だって、妻だってシンガポールに暮らしてるんだから、噂になれば迷惑をかけるだろう。

不用意なことはしたくないよ。

昔の話になるけどさ。ちょっと前まで、かなり海外出張が多かったんだ。

一時期は日本にも毎月、最低一週間は入ってたし、他の国への出張も多かった。

最近はほとんど下の奴に任せてるから、相当なことがない限り行かなくなったけどね。

だから、シンガポール以外のそういうところでお食事とか……まあ、色んなこととかを。

ご一緒させていただいてた女性は、何人かいたよ。

出張の度に会ってた感じだね。

元々夜のお店で働いてた女性もいれば、いわゆる素人の女性もいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です