ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【最終回】おじさん、 妻を抱いていますか?


※この記事は実際のインタビューを元にしたフィクションです。実在する人物・団体とは一切の関係がありません。

世界のエリートが集まる街、シンガポール。

この街の日本人コミュニティのマジョリティを成すのもまた、エリートビジネスマン(とその家族)である。

仕事も遊びも一流である彼らは、羨望と嫉妬の眼差しを浴びる言わば「特権階級」。

オシャレで高級な店などとうに行き尽くしている彼らが、なぜか最終的に行き着く場所……

それが、 気取らない店「喫茶&スナック 夜間飛行」のバータイムである。

シャツの第一ボタンを外して寛ぐ「シンガポールおじさん」達に、普段は絶対に語らない本音を、匿名でこっそりと教えていただいた。

【今回のシンガポールおじさん】

職業:総合商社ディレクター

年齢:40代前半

海外歴:13年(うちシンガポール4年)

家族構成:妻、息子(シンガポール在住)

「へえー、夜間飛行、今度もつ鍋始めるのかい?!

確かにカレーやスパゲッティはみんなでシェアしにくいもんね。

グループで来る時に、鍋メニューがあると嬉しいよね。

え、炙りもつ鍋ってやつにするんだ?

もつを炙るの?

香ばしくて美味しそうだね〜!!

これは次回、ぜひ試してみなくっちゃ。

ついにこのシリーズも最終回なんだってね。

俺なんかが最終回を飾っちゃってイイの?

今までアップされる度に欠かさず読んできたから、このシリーズの一番のファンは自認してるけど……最終回にふさわしい話ができるように頑張るよ。

ところで今回のテーマはなんなんだい?

ぇえ?! 妻を抱いているか、だって?!

うわぁ、えげつないテーマだなぁ……でも正直に話さなきゃ面白くないよね。

わかった、一肌脱ごう。ここは素直に、ありのままを話すよ。

結論から言うと、妻はもう抱いてない。

へえ、俺の他にも、結構そういう人は多いんだね。

なになに?

シンガポールに来てから一度も妻を抱いたことも浮気もしたことがない、【シンガポール童貞おじさん】も少なくないらしい、って?

うーん、そうかぁ……でも、

本当に彼ら、真実を語ってるんだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です