ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep. 3】ブラック企業を卒業し、「勝ち組」になったバックパッカーの場合

※この物語はフィクションです

 

我輩はマーライオンである。そっちじゃない、小さい方だ。

 

そう、観光客に大人気のあのでかいマーライオンの傍で、ショボく水を吐いている、ミニマーライオンである。

 

俺たちマーライオンには、それぞれシンガポールの守り神としての担当がある。

 

一番大きなセントーサのオジキは、シンガポール居住者担当。エースであるマーライオンパークのアニキは、観光客担当。

 

そして俺は、そのどちらにも属さない中途半端な人々、いわゆる『浮遊層』を担当している。

 

はっきり言って閑職だが、俺はこの『浮遊層』たちが大好きなんだ。

 

俺が守り神として使える魔法は、二つだけ。

 

人のお腹を瞬時に空かせることと、二日酔いを防ぐことだ。

 

なんの役に立つのかって?

 

いやいや、これがどうして、なかなか役に立つものなのさ。

 

おや? 今宵も、愛すべき浮遊層が一人……

 

 

 

このシリーズの過去記事↓

 

 

 

 

オレは五十嵐公太、23歳。職業? 自由人、ってやつかな。

 

新卒でなんとか滑り込んだブラック企業を、半年で華麗に「卒業」して、今は会社組織に縛られない生活をしている勝ち組だ。半年間の社会人生活で貯めた金を持って、日本を脱出したのが2ヶ月前。

 

それから、ベトナム、ミャンマー、タイ、カンボジアと、東南アジアの国々を回ってきた。

 

すっかり現地に溶け込んだ生活をしてきたお陰で、かなり精悍な顔つきになった気がする。

 

 

 

東京で勤めてた頃は、いつも生っ白い顔をしていたもんな。毎朝ヒゲを剃る度に、「社畜っぽさ」がどんどん抜け落ちていっているのを確認できるのが、なんだか嬉しかった。

 

オレの友達のほとんどは、今も東京で消耗している。

 

だが、そういう生き方はもう流行らないと思っている。

 

地方や海外に目を向ければ、物価が安くて暮らしやすいところはたくさんある。

 

そういうところは人もあくせくしていないし、学歴とか会社名とか、そんなどうでもいい基準でオレを測る奴らもいない。

 

 

 

だからオレはもう、いわゆる社会で「当たり前」とされている生活に戻る予定はないんだ。

 

とりあえず金が尽きるまで色々な国を回って、金がなくなったら千葉の実家に帰ればいいと思っている。

 

そんな自由な生き方ができるオレこそ、真の勝ち組ってやつなんじゃないだろうか。

 

 

 

有り余るほどの自由を手にしたオレだが、手持ちの金には限りがある。

 

まだ懐が温かいうちに、話題の国・シンガポールに少し滞在しておこうと思った。

 

 

 

 

調べると、チャイナタウンのゲストハウスなら、日本円で一泊1600円くらい。

 

カオサンで払っていた額の1.5倍程度と、大して変わらないことがわかった。

 

食事も、ホーカーと呼ばれる屋台で食べれば、一食300円くらいでおさめられるという。

 

 

 

物価が高いと聞いてビビっていたが、実際はこんなものか。

 

安心した俺は、予約サイトで2週間分の滞在を予約した。

 

2週間も滞在すれば、日本の友達に、「オレ、シンガポールにもちょっと住んでたよ」と言えるレベルだろう。

 

それってめちゃくちゃ勝ち組発言じゃねーの? オレはそんなことを考えながら、意気揚々とシンガポールの地を踏んだのだった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です