ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep. 1】「シンガポール」ブランドに憧れる万年進出準備社長の場合

※この物語はフィクションです

 

我輩はマーライオンである。

 

そっちじゃない、小さい方だ。

 

そう、観光客に大人気のあのでかいマーライオンの傍で、ショボく水を吐いている、ミニマーライオンである。

 

俺たちマーライオンには、それぞれシンガポールの守り神としての担当がある。

 

一番大きなセントーサのオジキは、シンガポール居住者担当。エースであるマーライオンパークのアニキは、観光客担当。

 

そして俺は、そのどちらにも属さない中途半端な人々、いわゆる『浮遊層』を担当している。

 

はっきり言って閑職だが、俺はこの『浮遊層』たちが大好きなんだ。

 

俺が守り神として使える魔法は、二つだけ。

 

人のお腹を瞬時に空かせることと、二日酔いを防ぐことだ。

 

なんの役に立つのかって? いやいや、これがどうして、なかなか役に立つものなのさ。

 

おや? 今宵も、愛すべき浮遊層が一人……

 

 

 

 

俺は小柳晃、48歳。福岡にある通販支援コンサルティングの会社で社長をしている。

 

いわゆる雇われ社長というやつだけれど、会社への愛着では誰にも負けないつもりだ。

 

顎に少しだけ生やしたヒゲと、天神の美容室で仕上げてもらっている流行りのパーマヘアが、俺のトレードマーク。

 

社員には、「福岡のトヨエツ」と呼ばせている。

 

 

 

俺が社長に就任してからというもの、会社の業績は良くて横這い、いやぶっちゃけ右肩下がりだ。

 

中には俺のやり方がワンパターンだとか、古いだとか、そんなやっかみを言う奴もいるが……俺は物事には勝ちパターンが存在すると思っているし、良い手法は古くならないと信じている。

 

会社の業績がふるわないのは、俺のせいではなく、むしろ市場が限られてしまっているせいだろう。

 

だから次の一手として俺は、シンガポール進出を目論んでいる。

 

 

 

半年に1回の視察を繰り返し、早3年。

 

もう既に半分進出したようなもの、と言っても過言ではないだろう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です