ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep. 4】「なるべくあなたに、似ていない人を探しました」とヒカルは言った

※この物語はフィクションです

 

いつも違う美女と肩を並べているところを、よく目撃されるこの男性。

 

彼は佐野隆(さのたかし)41歳、日系ITコンサル会社のシンガポール現地法人社長だ。

 

いわゆる「マネージングダイレクター」と呼ばれる立場だが、実情は常に本社に気を使う中間管理職である。

 

本社との軋轢や、単身赴任の寂しさが醸し出す、独特の憂いと色気。

 

それが絶妙に美女の心をくすぐっているようだが……

 

彼自身は、どうやら全くそれに無自覚なようで。

 
 
このシリーズの過去記事↓

 

 

 

 

「ご結婚おめでとう、ヒカルちゃん」

 

「……ありがとうございます、佐野さん」

 

 

 

そう言って俺たちは、今夜何度目かの乾杯をした。

 

ヒカルはこの店のオーナーソムリエだ。

 

日本人女性がひとりで切り盛りする、たった8席だけの小さなワインバー。

 

それだけでも話題性が高そうだが、メディア取材の類を一切受けないこの店は、熱狂的なファンだけが通う隠れた名店だった。

 

 

 

だった、と言ったのは、正式にはすでにこの店は昨日もう、閉店しているからだ。

 

出会った頃はまだ30代に入ったばかりだった彼女も、すでに30代半ばになっていた。

 

 

 

店の常連なら皆、この独身美女のハートを射止めるのは一体誰なのかと、いつも想像を巡らせていたに違いない。

 

もちろん佐野もその一人だった。だから彼女から、フランスに嫁ぐために店を閉めるのだと打ち明けられた時、期待以上にドラマチックな展開に興奮を隠せなかった。

 

 

 

好奇心丸出しで、どんな人?と訊いたところ、彼女の方から、「じゃあ最後にお店でおしゃべりしましょう」との誘いをくれた。

 

そのお陰でこうして俺は今、誰もいない店内で、彼女と向き合うことができている。

 

 

 

「それにしても、静かだなぁ。この店がこんなに静かだなんて、はじめてだ」

 

「そうですね。お陰様でいつも、誰かしらの常連さんがいらしてくれてましたから」

 

「昨日のラスト営業、それはそれは忙しかったんだろう?」

 

「皆さん長居はされなかったので、さほど。席にもつかず、お帰りになる方もかなりいらっしゃいました。気を使ってくださったんでしょうね。皆さん、在庫のワインをたくさん買っていってくださって。お陰で在庫は、ほとんど残ってません」

 

「そうかぁ、みんな、さすがにスマートだなぁ。ヒカルちゃんの教育がいいからだね」

 

「そんなそんな。お客様に育てていただいたのは、私の方ですから」

 

 

 

いつもと同じで礼儀正しく、ソツがないヒカル。

 

彼女は決して不必要に近づいてこない代わりに時折、驚くほどの優しさが込められた言葉を放つ。

 

常連は皆、そんな彼女の包容力と、丁寧にセレクトされたワイン達を求めて、足繁く通ってきていたのだ。

 

佐野にとってもこの店は、ともすれば殺伐としかねない駐在員生活における、数少ないオアシスだった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です