ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【4】「一触即発!元彼女が職場に来襲」その恋の行方とは…?


※この記事は実際のインタビューを元にしたフィクションです。実在する人物・団体とは一切の関係がありません。

 

 

精悍なビジネスマン、貞淑そうな駐在員妻、悠々自適なリタイア勢、タフでクールな現地採用組……。

シンガポールには様々な日本人が暮らしているが、ふと疑問に思ったことはないだろうか。

「この人は一体、どんな恋をしてきたのだろうか?」

通り一遍の挨拶や、当たり障りのない人付き合いからは、決して浮かび上がることのない歴史。

しかし、だからこそ知りたい、根掘り葉掘り聞いてみたいのだ。

これはそんな野次馬な好奇心を満たす、匿名インタビューシリーズである。

ナイトライフシンガポールの名物ライター「駐妻ふみえ」が、時に優しく、時に大胆に、在星日本人たちの恋模様を炙り出す!

 

 

このシリーズの前回記事↓

 

 

 

 

こんにちは。駐妻ふみえです。

シンガポール在住の日本人の皆様に、内緒でこっそりご自身の恋愛遍歴をお伺いしてゆこうというこのインタビューシリーズ。

 

今回ご登場いただくのは、子どもの習い事繋がりで知り合ったIさん。

美しくすらっとしたモデルのように華やかな彼女は、話をすればするほどに気さくで面白く、いつもオープンで明るい太陽のようなお人柄。

彼女をひと目見て振り返り、二度見する男性は後を絶たず、隣にいる私が誇らしい気分になることも。

 

もちろんそんな彼女が語る恋愛遍歴は、恋の逸話にあふれており、それでいて彼女らしい一途な姿勢はきっと、今以上にファンを増やしてしまうに違いありません……。

 

 

 

 

【今回の恋愛遍歴の語り手】

性別:女性

旧・現職業:グランドスタッフ(オセアニア)→CA(東南アジア)→広告関連パート、主婦

年齢:30代前半

シンガポール歴:3年

 

 

「今日は、いつもの女子会じゃなくて、インタビュー?

恋バナって、盛り上がるし、楽しいよね!

 

でも、ごめんっ! 私、航空関係にいたのに、それらしい話はなんにもないのよ。

 

あ、それはなくても大丈夫? よかったー。(笑) 

期待されてたらどうしよう、と思ってたの。

 

 

 

 

初恋は、幼馴染のケンちゃん。

 

 

ケンちゃんはね、他の男の子とは、全然違ってね。

素敵な昆虫を見つけては、私にプレゼントしてくれたの。(笑) 

 

 

保育園当時、昆虫好きだった私は、王子様のような優しい同級生なんて目に入らず、彼一筋。

初恋が叶って、小学校卒業までの8年間も両想いでいられたのは、可愛い思い出なんだ。

 

 

結局、同じ中学へ進学したものの、お互い自然に距離が離れてしまったんだけど……。

 

 

青春時代の恋の中で印象に残っているのは、フッても男らしく良い先輩でいてくれた、高校時代の彼くらいかな?

 

 

 

あっ、そうそう! 学生時代付き合った彼といえば、大量の……投げつけられたミカン事件!

 

 

当時、メール友達が流行っていて、実際会うようになっても気が合ったので、美大生の彼と交際することになったの。

とはいえ、お互い勉強やバイトに忙しくて、少ない時間でデートを重ねていたんだけど……気持ちに余裕がなかったから、喧嘩が絶えなくって。

 

 

で、ある日、私の一人暮らしのワンルームでいつもの通りの大喧嘩。

怒りが収まらない彼は、実家から送られてきた箱ごとのミカンを手に取ったかと思ったら……。

 

 

ところかまわず家中に投げつけて、全部、ぶちまけていったの。

 

 

冷静になってから謝られたけど、もう冷めちゃうでしょう?

だって、家の中はミカンと、ミカン果汁の海で、掃除の大変なことったらなかったもん。(苦笑)

 

 

 

その後は、国際恋愛になるのかな? 中国からの留学生で、バイト仲間でもあった彼!

天真爛漫で明るくて、本当に周りから愛される人で、本人の愛情表現も惜しみなかったから……そうそう(笑)、それはもう、いろんな方面で……ね。

 

 

仲間内の集まりを大切にしていた彼は、いつも私も一緒に連れて行ってくれて、若者らしく夜が明けるまで、みんなで語り合ったっけ。

楽しかったなぁ……。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です