ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【最終回】「結婚後の真実!元彼女が生んだのは、僕の子どもだった」その恋の行方とは…?


※この記事は実際のインタビューを元にしたフィクションです。実在する人物・団体とは一切の関係がありません。

 

 

精悍なビジネスマン、貞淑そうな駐在員妻、悠々自適なリタイア勢、タフでクールな現地採用組……。

シンガポールには様々な日本人が暮らしているが、ふと疑問に思ったことはないだろうか。

「この人は一体、どんな恋をしてきたのだろうか?」

通り一遍の挨拶や、当たり障りのない人付き合いからは、決して浮かび上がることのない歴史。

しかし、だからこそ知りたい、根掘り葉掘り聞いてみたいのだ。

これはそんな野次馬な好奇心を満たす、匿名インタビューシリーズである。

ナイトライフシンガポールの名物ライター「駐妻ふみえ」が、時に優しく、時に大胆に、在星日本人たちの恋模様を炙り出す!

 

 

このシリーズの前回記事↓

 

 

 

 

こんにちは。駐妻ふみえです。

シンガポール在住の日本人の皆様に、内緒でこっそりご自身の恋愛遍歴をお伺いしてゆこうというこのインタビューシリーズ。

 

最終回にご登場いただくのは、弊社編集部の店「喫茶&スナック 夜間飛行」のご常連Wさん。

生き方が表情ににじみ出ているような、なんともいえず温かくいい顔をなさるWさんは、いつもお決まりのお仲間と4人連れでいらっしゃいます。

今回は幸運にも、お仲間待ちの時間にインタビューさせていただきました。

 

穏やかで柔和な雰囲気のWさんらしく、純な学生時代のお話から一変、大人になると一皮むけたように恋愛遍歴を積み上げていかれます。

豊富な恋愛遍歴の裏側で、実際心の中にいるのは昔からたったのひとりだけ――ピュアなあの頃の彼のまま、変わっておられないのかもしれません。

 

 

 

 

【今回の恋愛遍歴の語り手】

性別:男性

職業:商社

年齢:50代後半

シンガポール歴:5年

 

 

「毎週読んでるけど、恋愛って人の心が大きく動くでしょう。

それぞれの思いや、その人の人生まで想像すると、結構面白いよね。

 

僕は仕事柄海外を転々としているんで、恋愛方面はだいぶ自由にしてきていて、披露するのは気恥ずかしいんだけど。

 

学生時代は人より純情で、だから大人になって、溜めていた分が堰を切ってしまったのかもね……(苦笑)

 

 

 

 

とても長い繋がりがあったのに、ついに結婚できなかった彼女との出会いは、そういえば、中学時代だった。

 

 

隣のクラスだった彼女は、全校集会なんかでよく隣り合ったんだよね。

ちょっかいを出してきたり、同じクラスになった時には世話を焼いてくれたり。

 

 

仲はいいけど、なんにもないまま中学卒業を迎えて、僕は彼女が希望すると思っていた高校をこっそり受験したんだけど、見事に外しちゃったんだよなー。

 

 

他校へ進学しても、所属がバレー部だった僕らは、地域の大会なんかで会う機会はあってね。

それでまた連絡を取り合うようになって、映画デートをしたり、会えない時は電話で話したり……。

 

 

そうそう、携帯電話なんて影も形もない時代。

僕の家には子機があったんで……いや、子機も親機と同じ、コード付きの黒電話なんだよ。(笑)

兄貴の部屋にあった子機を使えば家族に聞かれる心配はなかったから、兄貴の不在を狙って、さらに毛布を被って――電話ひとつで大変だったね、昔は。

 

 

それでも、そんな手間をかけてでも、彼女と話したかった。

てんで奥手だった僕は、彼女へ付き合おうとも言わなかったし、手さえ握ることもしなかったけれどね。

 

 

そして、そのまま上京して大学へ進学した彼女と、地元の大学へ進んだ僕は、別々の進路を歩むことになった。

 

 

彼女は距離が開いてしまっても、手紙を送って、繋がりを絶たずにいてくれたものだったよ。

その頃ようやく恋愛に目覚めた僕は、他の女の子に目移りしたり、遊び始めたり。

長期休みに帰省する彼女とも、会ってはいたんだけれど、とにかく、遅くきた青春は厄介でね。

 

 

 

僕の親が、彼女の事を、気に入らなかったってもの、懸念事項だったしね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です