ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep.4】シンガポール伝統のニョニャ料理を「Heartland Mall」で見つけました!

 
入り口から見た店内は、こんな感じ。気軽に入りやすい雰囲気が漂っています。
 
 
 
 
 
 
 
お腹が空いていた編集長A子と、製作・指揮井村は早速、メニューからいくつか選んでオーダーして見ました。
 
 
 
 
 
オーダーしたのは、Ayam Buah Keluak ($8.5)、Nyonya Chap Chye($6.5)そして、Beef Rendang ($8.5)の3品。
 
 
どれも、定番のニョニャ料理です。
 
 
特に絶対にトライしていただきたいのがAyam Buah Keluak。
 
 
 
 
 
 
これは、ブアクルアという実が入ったチキンの煮込み料理なのですが、面白いのが、このブアクルアの実の下処理の方法。
 
 
このブアクルアの実、灰とバナナの葉と土を重ねたものにブアクルアの実を40日間埋め、殻の中身を取り出して秘伝のスパイスと一緒にすりつぶし、それを再び殻の中に戻すという、長い工程を経て作られるのですが、その理由は、実は生の状態だと毒があるため。
 
 
毒抜きのためにこんなに長い下処理をしないといけないんだとか。
 
 
そんなに手間をかけてまで食べる価値があるのか?!と大人の好奇心をくすぐってしまう一品がこちら。
 
 
 
 
早速、いただいてみましょう。
 
 
黒く見えるのが、ブアクルアの実。必ず穴が空いていますので、スプーンを使って中身をすくいだしてください。
 
そのまま口に入れると、お!!なんだか、甘くないチョコレートのような、ものすごいコク!!
 
 
 
 
今まで味わったことのないような風味に、一瞬ときが止まってしまいました。
 
 
何とも言えないお味ですが、とっても美味しいんです。
 
 
そのまま食べてもよし、一緒に煮込んだチキンとソースにからめて食べると、また違った風味を楽しめるのも嬉しいですね。
 
 
 
Nyonya Chap Chyeは、数多いニョニャ料理の中でも、最も中国的な料理のひとつで、優しいお味の野菜の炒め物。
 
 
 
 
 
 
 
一口食べると、「あ、優しい……」と声が漏れてしまうようなお味です。ともすると辛い料理が多いように見えるニョニャ料理の箸休めに最適。
 
 
 
変わってBeef Rendangは、牛肉をレモングラス、こぶみかんの葉、ブルージンジャーなどのフレッシュなハーブとココナッツミルクで煮込んだもの。
 
 
 
 
 
 
 
ココナッツ風味の濃厚なソースがピリッと辛く、これまた味わい深くてかなり美味しいのです。
 
 
 
 
 
もう少しお肉にホロホロ感があったら、もっとよかったのかも……
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です