ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep.22】無性に辛いものが食べたい!激辛マーラーホットポットを「 Bugis」で見つけました!

 

東南アジアの中心であるシンガポール。

コスモポリタンなこの街では、食文化もバラエティ豊か。

ローカルフードに加え、近隣諸国の美味しい食べ物にも、容易にアクセスすることができる。

日本では珍しいあの料理を、当地で、美味しく、お安く、お気軽に食べ尽くす……それが「シンガポール」の食文化を堪能する秘訣!

さぁ、編集長A子と一緒に、一皿10ドル以下の世界旅行へと旅立とう。

諸君! ともに10ドル札を握りしめ、シンガポール・プチプラ美食道へ……いざ行かん!!

 

 

 

 

 

 

みなさんごきげんよう!

今日も夜間飛行で、元気に呑んだくれている編集長・A子です!

お盆シーズンのせいか、最近ゆったりモードの夜間飛行。

みんな! かまって!

 

 

お酒を飲みまくったあとは、無性に小腹が空くものですよね?

 

 

「あ〜……お腹減ったぁ〜ヒック!」

 

 

なんてノリで、餃子やら、ラーメンやら、カレーやらを食べまくっていたら、体重があっという間に増えてしまいました。

炭水化物/糖質の取りすぎで増えた体重は……糖質制限ダイエットでリカバリー!

そんなわけで、今回の10ドル美食道は、炭水化物がなくても満足度抜群のマーラーホットポットをご紹介します。

 

 

 

 

やってきたのはブギスにある、チャイニーズフードのお店「Jin Jin Eating House」。

 

 

 

 

中に入ると、マーラーホットポットのコーナーがあります。

マーラーホットポットを一言で説明すると、

 

「いろんな具材を選んで炒めて食べる、野菜たっぷりのちょい辛料理」

 

 

とでも言いましょうか。

野菜や揚げ物、お肉を好きなだけ選んでお店の店員さんに渡すと、ピリ辛なチリオイル(麻辣)と参照と一緒に調理してくれるのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です