ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep.8-1】マリーナ・バラージでデートしてきました(1/3)


※この記事は実際の取材を元にしたフィクションです。実在する人物・団体とは一切の関係がありません。

 

常夏のコスモポリタン・シティ、シンガポール。

 

恋が似合うこの街には、珠玉のラブストーリーの舞台としてふさわしい、数々のデートスポットが存在する。

 

しかし嘆くべきは昨今の「恋愛離れ」。

 

多くのシンガポール在住日本人が、恋やデートそのものに対する消極的な“めんどくささ”を持て余している。

 

そこでナイトライフシンガポール編集部は、この街にはびこる「デートめんどくさい症候群」を駆逐すべく立ち上がった!

 

(なるべくしがらみの少ない)男性読者を問答無用でおすすめデートスポットに連れ出し、在住者を代表して評価してもらうのがこの企画。

 

さらにはその評価と当日の写真を元に、あなたの恋心を刺激するショートストーリーを作成することとした。

 

リアルと妄想が交錯する半フィクションが、眠っていたデート欲を揺り起こす?!

 

今回のデートスポット: マリーナベイエリア、マリーナ・バラージ(MARINA BAY AREA, MARINA BARRAGE) 

 

マリーナ・バラージ。

シンガポールで15番目の貯水池。

貯水、洪水調整、娯楽施設の三機能を担い、施設内の見学や学習も可能。

屋上の芝生は開放されており、凧揚げやピクニック、スポーツなどレジャーを楽しむ人々で賑わう。

マリーナベイサンズ、ガーデンズバイザベイ、シンガポールフライヤー、シェントンウェイと、ベイエリアの観光スポットを全て一望できる景観は、夕暮れから夜のデートをさらにロマンチックに盛り上げてくれること、請け合いである。

 

住所:マリーナバラージ  8 Marina Gardens Dr, Singapore 018951

 

 

 

今回の担当:ライター・ふみえ

 

またの名を駐妻ふみえ。

 

在住歴5年の中堅力とお袋さん的ホスピタリティを武器に、デートをこれでもかと盛り上げます!

 

 

 

今回の協力者:南野さん(仮名)

 

40代後半の独身男性。

コンサルタント会社勤務、シンガポール在住歴4年。

 

デート日が担当者とは初対面というハードルの高さを、難なくクリア。

お会いする前のメッセージのやり取りから、配慮に満ちた温かみを感じさせるお人柄に、きっと素敵な方に違いないと確信したが、デート当日はその予感を大いに上回る結果となった。

 

 

 

南野さんの魅力は、アクティブさの中に潜む優しさと繊細さ。

テニス、サイクリング、ダイビングというスポーツマンな一面と、美術館巡り、音楽鑑賞、読書など文化面まで興味の幅が広く、女性好みの話題にも事欠かない。

精悍な外見とスマートなエスコートから垣間見える、実はロマンチストな内面と穏和な笑顔のギャップは、数々の女性のハートをキュンとさせてきたに違いない。

 

直截ながら、結婚についても尋ねてみた。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です