ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep.6-3】アドベンチャーコーブ妄想ショートストーリー後編(3/3)

※この記事は実際の取材を元にしたフィクションです。実在する人物・団体とは一切の関係がありません。

 

常夏のコスモポリタン・シティ、シンガポール。

 

恋が似合うこの街には、珠玉のラブストーリーの舞台としてふさわしい、数々のデートスポットが存在する。

 

しかし嘆くべきは昨今の「恋愛離れ」。

 

多くのシンガポール在住日本人が、恋やデートそのものに対する消極的な“めんどくささ”を持て余している。

 

そこでナイトライフシンガポール編集部は、この街にはびこる「デートめんどくさい症候群」を駆逐すべく立ち上がった!

 

(なるべくしがらみの少ない)男性読者を問答無用でおすすめデートスポットに連れ出し、在住者を代表して評価してもらうのがこの企画。

 

さらにはその評価と当日の写真を元に、あなたの恋心を刺激するショートストーリーを作成することとした。

 

リアルと妄想が交錯する半フィクションが、眠っていたデート欲を揺り起こす?!

 

【妄想ショートストーリー】アドベンチャーコーブウォーターパークと、香菜子38歳と、のぞみ27歳<後編>

 

 

「とりあえず、水着に着替える前に、園内を一周して見てみようか」

 

 

 

マコトさんのそんな提案で私たちは、まずは広い敷地内を散策してみることにした。

ここ、アドベンチャーコーブウォーターパークは、ちょっとした遊園地並みの敷地の広さとアトラクション数を誇る。

 

 

 

「マコトさん、見て! 大きなプール……あ、なるほどここ、時間になると波が発生するんですね!」

 

「のぞみ、早くチャプチャプしたぁい!」

 

 

 

 

「あ、ここからは、洞窟みたいになってるんだ」

 

「きゃあ、のぞみ、暗いとこ苦手〜! マコトさんにくっついて行こうっと」

 

な、なんですって、坂本のぞみ27歳! あんた、あざとさにもほどがあるというもの……

 

 

 

 

……!!

 

 

 

 

私の方を振り向き、ニヤリと笑ってみせるのぞみ。

やはりこの女、全て計算ずくだったのね……!

 

 

 

「おお、ウォータースライダー!」

 

「いくつかあるみたいですね、6つって書いてあったかな」

 

「のぞみ怖いのダメだから、ぜーんぶ、マコトさんと一緒に乗らなくちゃ」

 

「(……くぅっ!!)」

 

 

 

 

いちいちアプローチを挟んでくるのぞみに、早くもイライラが最高潮に達しそうになる。

私はそんな自分の頭を文字通り冷やすため、さっそく着替えて水の中に入ってみることを提案したのだった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です