ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep.1-2】スンゲイブロウ湿地保護区妄想ショートストーリー前編(2/3)


※この記事は実際の取材を元にしたフィクションです。実在する人物・団体とは一切の関係がありません。

 

常夏のコスモポリタン・シティ、シンガポール。

 

恋が似合うこの街には、珠玉のラブストーリーの舞台としてふさわしい、数々のデートスポットが存在する。

 

しかし嘆くべきは昨今の「恋愛離れ」。

 

多くのシンガポール在住日本人が、恋やデートそのものに対する消極的な“めんどくささ”を持て余している。

 

そこでナイトライフシンガポール編集部は、この街にはびこる「デートめんどくさい症候群」を駆逐すべく立ち上がった!

 

(なるべくしがらみの少ない)男性読者を問答無用でおすすめデートスポットに連れ出し、在住者を代表して評価してもらうのがこの企画。

 

さらにはその評価と当日の写真を元に、あなたの恋心を刺激するショートストーリーを作成することとした。

 

リアルと妄想が交錯する半フィクションが、眠っていたデート欲を揺り起こす?!

 

 

 

 

【妄想ショートストーリー】スンゲイブロウ湿地保護区と、あかり31歳<前編>

 

 

 

都会は、疲れる。

 

 

 

そんな当たり前のことに気づいたのは、都市国家シンガポールに移住して、すでに5年が過ぎた頃だった。

26歳で移住してきたから、もう私も31。年齢的なものもあるかもしれないけれど、そもそもこんな大都会で暮らしていれば、老いも若きも少しずつ削られていくものなのかなと思う。

 

 

 

うちのオフィスには10人ほどの日本人がいるけれど、皆、どこかしらネジが跳んでしまったようなところがある。

特にこの人……シンガポール支社のIT担当こと田中さんは、都会にやられてしまったのか、はたまた電磁波にやられてしまったのか、とにかく個性的なことこの上ない。

 

 

 

(また、メロンパン食べてる……今日、3個目じゃん)

 

 

 

約6メートルほど離れた席から田中さんの後ろ姿を眺めながら、私はひっそりと胸の中でツッコんだ。

田中さんの観察は、オフィスにおける貴重な楽しみのひとつ。

だって彼を見ていると、まるで“あの場所”でバードウォッチングをしているみたいな気分になれるから。

 

 

 

「スンゲイ……ブロウ?」

 

「そうです。田中さん、聞いたことないですか?」

 

 

 

休憩スペースで偶然居合わせた田中さんと私は、コピを片手に立ち話をしていた。

田中さんのコピはいつも、練乳増し増しの激甘仕様。

うん、この人、やっぱりネジが外れている。

 

 

 

「ないっすね。僕、基本、引きこもりなんで」

 

「いや私もそうですけど、なんていうか、引きこもりに最高な場所なんですよ、あそこ。アウトドアなのに」

 

「え、どういう意味ですか?」

 

「一言で言うと、すごく地味なんです。野生動物とか野鳥とか探しながら、湿地のそばを歩くだけの場所なんで」

 

「うわ、なにそれ。ちょっと惹かれますね」

 

「めちゃくちゃ癒されますよ、正直。なんか疲れて家に帰ってくると、水槽とかあったらいいな、ただぼーっと眺めたいな、とか思うじゃないですか。けど、本格的に自宅アクアリウムとか作るの大変でしょ。だから私、週末にあそこに通って、ただぼーっとしてるんです」

 

「へえ、じゃあ……次行くときは僕も、連れてってくださいよ」

 

 

 

何気無い顔をして、田中さんがそう呟いた。発泡スチロールのカップの中で、コピが揺れる。

動揺を飲み込むようにコピをすすってから、ぶっきらぼうに「いいですよ」と答えて…… 私と田中さんの初デートが、 不器用に確定したのだった。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です