ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

【Ep.11】「美」は、毎日の習慣から?!編集長A子は、これをやっている!


常夏の国シンガポール 。

その住みやすさとは裏腹に、お肌の大敵「紫外線」が燦々と降り注ぐこの場所は、日々「美しくなりたい」と願う女性たちにとって、いささか厳しい環境であることは否めない。

しかしながら、日々目減りしていく若さを嘆いても仕方あるまい。

せっかくなら毎日楽しく、安価にできる、しかもシンガポールらしい方法で美容を楽しみたいものだ。

そんな女性たちのために、ナイトライフシンガポール 編集長A子が立ち上がった!

なんと10ドル以下で楽しめる、シンガポールらしいプチプラ美容法を伝授する、というのである。

本当に、効き目があるのか……?

そもそもその美容法、安全なの……?

等、読者の素朴な疑問に答えるべく毎度体当たり取材を強行!渾身のレポートを見逃すな!

このシリーズの過去記事↓

みなさんごきげんよう!

2019年が始まりましたね!みなさん、本年もどうぞナイトライフシンガポールをそして夜間飛行をどうぞよろしくお願いいたします!!

さて、「10ドル美容道」の連載を始めて感じました。

女という生き物の「美に対する執着」は、なんと申しますか、本当に底なし沼のようなものだなぁ……と。

「美しくありたい」そう思う気持ちは、DNAに刻まれた刻印のようなもの。

女に生まれた限り、その呪縛からは逃れられないのでしょう。

だから、キレイになるためだったらこんなこともしますし、

あんなことや

そんなことも

してしまう、それが女という生き物なのです。

そんな女の端くれ、編集長A子が最近ハマっている美のルーティーンがございます。

えぇ、そうなんです。

「美」は1日にして成らず。

本当に美しくなりたければ、美しくなる活動を「習慣」にしなければなりません。

では、自称美人編集長”A子がオフィスでほぼ毎日「習慣」にしている美のルーティーンを

ご紹介しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です