ロマンチックな紳士淑女のためのシンガポール・ナイトライフ情報。グルメ、夜遊び、習い事、そしてあなたの夜を輝かせるもの全て。

佐藤敦子(さとうあつこ)プロフィール

佐藤敦子(さとうあつこ)

佐藤敦子はこんな人です

○ナイトライフシンガポール 編集長

2017年、シンガポール在住者向けウェブマガジン「ナイトライフシンガポール 」の立ち上げメンバーとなる。この国では日々新たな出会いが生まれそして、別れがくる。その儚く、美しい瞬間を物語として読者に届けたい、そんな思いを胸に日々編集に励んでいる。

昭和の場末スナック風カフェバー「夜間飛行」、ママ

60歳ぐらいになったらスナックとかやりたいな♡むふふ♡」とか思っていたら、そんな夢が30年近く前倒しで叶ってしまう。

昭和の場末スナック風カフェバー「夜間飛行」の立ち上げメンバーおよびママとしてプロジェクトに参画。おそらく日本で一、二位を争う「気の利かない」ママだが、それはそれで乙なものなのではないか、と本人は思っている。

毎週月曜〜土曜の午後9時よりお店に常駐。

○ブロガーグループ「Ninja Girls」 サブリーダー

2011年より、動画ブロガー「Ninja Girls」のサブリーダー「つばき」として、活動。

2013年 シンガポール·ブログ·アワード 動画部門優勝

2014年 シンガポール·ブログ·アワード 動画部門優勝

2014年 FEMALE誌「50 Gorgeous People」にノミネート」

その他、メディア掲載実績多数。

○アメーバ公式トップブロガー

2017年2月より、アメーバ公式トップブロガーとして、月間PV70万PV(読者数7000人)のブログを「NInja Girls」メンバーで執筆。海外経験を通じて得た気づきや学びを、同世代の日本人女性に向けて、コミカルかつエモーショナルにシェアしている。

シンガポールに来るまでの道のり

1984年長崎県生まれ。シンガポールに来るまでの27年間を同県内で過ごす。大学卒業後、就職した大手製薬メーカーをなぜか2週間で退社した後、職を転々とする定まらない人生を送る。

 27歳の時、当時の会社の制服であった「青い作業服」があまりにもダサいことに絶望し、一念発起。新たな人生を模索。きっと海外に行けば、探し物が見つかる気がする……うん、そんな気がする!というだけでシンガポールに移住を決意。

当時生まれて一度も、海外旅行にすら行ったことがなかったため、家族、友人には「ついに気でも狂ったか」と心配されたが、そんなことはもろともぜず、夢と希望を胸に2011年シンガポールに渡る。

青い作業服と私(2011年撮影)

シンガポールに来てからの道のり

2011年シンガポールに移住後、日系銀行で秘書として働きながら、Ninja Girlsという動画ブロガーとしての活動を始める。きっかけは、NInja Girlsリーダーの井村亜矢から「シンガポールで一番有名な日本人になってみない?」と誘われたから。

その時なぜか自分がパリス·ヒルトンになれると勘違いし、喜ぶ。それ以来、昼は会社員、夜と週末は動画ブロガーとして活動。

パリス·ヒルトンに近づいている気配はまだないが、動画ブロガーとして数々の受賞/メディア掲載の実績あり。

2017年、NInja Girls リーダー井村亜矢がダイレクターを務めるBluebird Studio Pte. Ltd. のBusiness Development Manager として、「ナイトライフシンガポール 」「夜間飛行」その他、様々なプロジェクトを手がける。

メディア掲載実績

テレビ:

「めざましテレビ」「世界の果てまでイッテQ」「人生が変わる1分間の深イイ話」「NHK 二度目のシンガポール」他

新聞:
朝日新聞、The Straits Times、TODAY、My Paper、聯合早報、聯合晩報 他

雑誌:
FHMシンガポール2013年10月単独表紙、FEMALE  他

お問い合わせはコチラから

 佐藤敦子へのお問い合わせはenquiry@nightlifesg.comまで!